深夜の清掃バイトは副業でもいける!

先輩教えて!深夜のバイトのあれこれ

深夜バイトでがっつり稼ごう!!

記事一覧

短時間だからこそ副業には最適

副業でOKの夜間清掃

深夜に短時間で働けるバイトを探している人には、夜間の清掃バイトがオススメです。体力がいるバイトではありますが、そこまで長い時間働くわけではないので、副業としてバイトをすることもできます。清掃バイトの仕事内容やメリット・デメリットなどについて紹介していきます。

副業でOKの夜間清掃副業でOKの夜間清掃

どんな人にオススメなのか

深夜バイトを探している人の中には、本業と掛け持ちをしたいという人や、短時間だけ働きたいという人がいると思います。そのような人には、デパートなどでの深夜の清掃バイトがオススメです。清掃バイトは、よく求人情報サイトや求人情報誌でも目にします。
デパートやオフィスは日中から夜までずっと営業を続けているので、きちんと清掃しようと思ったら深夜にするしかありません。そこで、提携している清掃会社が深夜にやって来て清掃作業を行い、次の日はまた通常通り営業を続けるという形を取っているのです。清掃作業は、清掃会社の社員がバイトのシフトを決めて行うことになりますが、時には社員も一緒になって作業をすることがあります。

仕事内容や雇用までの流れ

デパートでの深夜の清掃バイトは、清掃会社の求人に応募して、面接で受かれば雇ってもらえるということになります。面接で合格ということであれば、その場で仕事ができる人時間を決めることもあります。この時、給料を振り込む口座なども一緒に聞かれるので、きちんと用意しておくようにしましょう。
清掃会社の面接で成功するためには、年上の人に気に入られるように会話などをすることを心がけると良さそうです。清掃会社では、あまり若者は働いていません。そのため、働くことになってからも自分よりも年上の人の中で働くことになるので、そのことも考えて面接に臨むようにします。
一般的に清掃作業は、掃き掃除やモップでの水拭き、フロアマシン操縦、ワックス掛けがメインになります。掃き掃除で埃を掃除した後でフロアマシンを操縦して掃除し、モップで水拭きをしてから最後にワックスが剥げているところをワックスがけするという流れです。

メリット・デメリットと注意点

このバイトは、仕事内容自体は地味ではありますが、時給が1000円など高時給で働くことができるというメリットがあります。また、一人で作業をするわけではないので、3~4時間の短時間労働になります。そのため、深夜に副業としてバイトをすることができますが、本業に影響が出ないように気を付けなければなりません。
また、仕事内容は簡単に見えますが実際には体力が必要になるので、体力に自信がある人が向いているバイトです。そして、若者にとっては一緒に仕事をする人は年上の人ばかりになるので、礼儀正しくすることなどにも注意しなければなりません。デパートの深夜の清掃バイトをする時には、これらのメリット・デメリットを考慮して応募するようにしましょう。