工場の深夜バイトは体力勝負!

先輩教えて!深夜のバイトのあれこれ

深夜バイトでがっつり稼ごう!!

記事一覧

昼間と同じ作業で、より多く稼ぐ

体力勝負の工場バイト

工場の生産ラインに入って作業を行う工場バイトは、体力が必要ですがかなりオススメできる深夜バイトです。作業自体はそこまで難しい内容ではありませんし、黙々と作業を進めていけば良いので、接客などが苦手な人に向いています。深夜の工場バイトについて、詳しい内容を見ていきましょう。

体力勝負の工場バイト体力勝負の工場バイト

工場バイトの仕事内容

単純作業が好きな人や接客が苦手な人に向いているのが、深夜の工場バイトです。大手企業の商品生産を担当する部門では、3交代制を導入しながら深夜にも作業を行っています。工場バイトは、工場の生産ラインの中に入って作業を行うという内容になります。日中に工場で働くバイトと仕事の内容は変わらないので、両者の間には働く時間が深夜になり、それによって時給も高くなったという違いがあるくらいです。
比較的簡単な工場バイトの仕事内容としては、流れてきた商品にタグやおまけ商品を付けていくものや、商品を決められたケースに入れていくというものになります。他にも、単純作業とは少し違った内容の仕事として、工場で使用する機械の操作や確認作業も仕事に含まれる場合もあります。これは、機械化がかなり進んでいる工場ではよく見られるものです。
機械を使う場合は、材料をそこに入れるだけで作業が終わりの場合もあれば、機械を動かしながらそれに合わせて人間が作業を進めなければならない場合もあります。もし機械を動かして後は待つだけの仕事であれば、待ち時間に他の機械の確認や簡単な作業をしながら待つこともあるということです。

メリット・デメリットと向いている人の特徴

工場バイトのメリットは、特別なスキルや資格が必要なく、作業の内容も簡単なものが多いということです。そのため、誰でもやりたいと思えばできるバイトですし、難しい作業は苦手な人や接客が苦手だという人にも向いています。
また、仕事の内容にもよりますが、タグを付けるだけのような作業であれば、物を持ち上げる力のない人でもすることができます。ずっと立ちっぱなしで仕事をしなければならないので体力は必要ですが、物を移動させる時の力はなくても問題ない場合があるのです。しかし、場合によっては、荷物を運ぶ作業や積み込み作業などもあって力が必要だというデメリットもあります。この場合には、力がない人には向かないと考えられます。
単純作業だったとしても、正確さを残したまま素早く作業を進める必要があります。そのため、素早く物事を処理して作業ができる人でなければ続けるのが難しいかもしれません。加えて、単純作業の繰り返しが苦手だという人にとっては、簡単な単純作業というメリットもデメリットに変わってしまう可能性があります。自分に向いているかを考えてから仕事をするようにしましょう。