深夜バイトの面接対策をご紹介

先輩教えて!深夜のバイトのあれこれ

深夜バイトでがっつり稼ごう!!

記事一覧

マナーと準備で成功を掴む

成功する面接のコツ

アルバイトは、面接に受からなければ雇ってもらうことができません。そのため、どのようにすれば成功するのかというコツを知っておくことが重要です。ここでは、アルバイトの面接をどのように受ければ良いのかという「受け方のコツ」について解説していきます。

成功する面接のコツ成功する面接のコツ

事前の準備をしておく

まず、アルバイトの面接で成功するためには、事前に情報を集めておくことや下準備をしておくことが大切です。面接に限りませんが、受験などのとても大事な行事がある日には、失敗しないようにするために、事前に念入りなチェックを行わなければなりません。例えば、家から面接会場まではどれくらいの時間がかかり、交通費がいくらかかるのかということや、当日になって慌てないように服を用意しておくなどの情報収集と下準備が必要なのです。これらの準備を怠ることがあれば、面接当日の朝に急に慌てて準備をしなければならなくなるかもしれません。もしそうなったら、気持ちに焦りが生まれてしまい、面接で失敗するということにもなってしまう可能性があります。そうならないようにするために、忘れ物の有無をチェックすることや、遅刻のないように早めに出発することなどが大事です。
また、応募した企業の名前や仕事の内容を覚え、面接の予行練習を何度も行っておくことも大事になります。当日の服装は、スーツでなくても構いません。その代わり、相手に不快感を与えない服装で面接に臨むようにしましょう。会場に着いたら、面接の前に携帯電話の電源が切られているかをしっかりと確認し、もう一度身だしなみが整っているかを確認しておきます。このように何度も色々なことをチェックすることで、面接で失敗する可能性を下げることができるのです。

常識あるマナーを守って望む

アルバイトの面接では、やはり常識あるマナーを守っている人の方が採用されることが多いように感じます。アルバイト求人に応募する学生であれば、まだ社会経験があまりないということや、人と接する上での常識を学んでいないなどの理由から、マナー不足であることが多いようです。アルバイトであっても、きちんとしたマナーがあるかどうかは見られます。面接で失敗する人の中でも特に心配なのが、会社やお店に着いた時からもう面接が始まっているということを忘れてしまうということです。例えば、受付で面接に来た旨や名前を名乗る時も、もし採用されればその人たちが自分の先輩になるため後で関係が悪くなる可能性があります。
また、その会社で働いている人たちの目に自分の態度が止まってしまえば、必ず人事担当者にその情報が行くことになるでしょう。そうなると面接をしても落ちるということになってしまうため、常にマナー違反にならないように気を配ることが必要になります。