深夜バイトの履歴書はわかりやすく丁寧に書く

先輩教えて!深夜のバイトのあれこれ

深夜バイトでがっつり稼ごう!!

記事一覧

簡潔に解りやすく書くことを意識しよう

履歴書のポイントは解りやすさ

深夜バイトの求人が見つかったら、履歴書を作成して提出することになります。しかし、いざ履歴書を書こうとすると、どのように書けば良いかで悩んでしまうことがあります。履歴書はどのようなポイントに注意して書けば良いのでしょうか。

履歴書のポイントは解りやすさ履歴書のポイントは解りやすさ

わかりやすいことが大切

履歴書は、アルバイトなどに応募する時には必ず提出しなければならない書類です。応募したことがなければ普通は普段から各書類ではないので、どのように書けば良いのかが分からないという人もいると思います。履歴書を購入すると、一緒に書き方の例などが入っているので、それを見て書けば良いと考える人もいるかもしれません。しかし、その例を見ても、職歴欄や志望動機欄などの書き方は人によって書く内容が違うということもあって、どのように書くべきかで悩んでしまいます。また、今までにアルバイトを多くしてきて履歴書を書いた経験があるという人でも、今までのアルバイトの経歴を全て書いて印象が悪くならないだろうかと疑問に思うこともあるのではないでしょうか。
この後、履歴書を書くときに気を付けるべきポイントを紹介していきますが、履歴書全体で言えば解りやすさに気を付けることが大切です。あまりにも詳しく書きすぎて見づらい履歴書でもいけないでしょうし、だからといって、あまりにも書かなさすぎるのも良くありません。下書きの段階で、どれくらい書けば解りやすく無駄がなくなるのかを考えてから聖書をすると良いでしょう。

記述のポイント

実際に履歴書を書く時に悩む人が多いのは、職歴欄と志望動機欄・アピール欄だと思います。
まず、職歴欄については、今までにやって来たアルバイトであっても自分をアピールするのに役立つので当然書くことができます。しかし、自分が雇う側であるとして、もし応募してきた人の履歴書に、勤務期間が短い沢山のアルバイト歴があったとしたらどうでしょうか。「この人はすぐに仕事を辞めたり長続きしない人だ」という印象を持つ人が多いと思います。やはり、雇う側としては長く働いてもらえる人の方が嬉しいでしょうから、どれくらい職歴を書けば良いかは悩みの種です。もしこのような悩みを抱えた場合には、最近まで働いていた職歴を記入し、面接時に口頭で伝えるなどをすれば良いでしょう。
次に、志望動機欄やアピール欄の書き方のポイントを見ていきます。志望動機や自己のアピールについては、なるべく空欄にしないことが一番大事なポイントです。自分の思っていることやアピールポイントを簡潔にまとめて書き、相手に気持ちがよく伝わるようにします。
雇う側は面接でも応募者のことをよく確認しますが、それよりも先に履歴書を見て、その人がどのような人で考えを持っているのかを確認することがほとんどです。そのため、ここにはより力を入れて書くようにすると良いでしょう。